取り立て

闇金の取り立てについて

取り立てというイメージですと、金融系マンガやドラマでいかついヤクザが怒鳴り込んでは精神的に追い込んでゆくような場面をよく見かけると思います。

そこまで勢いのある取立てではありませんし、場合にもよりますが、残念ながら取り立ては実在します。

私が経験したのは、学生を支援する奨学金でのことです。しかしこの不況下、なかなか就職もままならないなか返済金額もあまり融通されません(月に1万以下にはなりませんでした)。

ひと月に一万を引かれるというのは、そう軽い金額ではなく、支払いが滞ることもあり非常に困難でした。
そうなると直接奨学金制度を行っている会社ではなく、回収業務を担う会社から電話が毎日のようにかかってきます。

取り立て

人にもよりますがその態度は良いものではなく、どんなに状況を説明し返済を出来る状態ではないとしても、定額の返済を求められます。

それでも返済ができないと、回収業者が直接自宅に赴いて取り立てにきます。

大概はインターフォンを押してきますが、帰り際にドアを蹴られる、暴言を吐かれるなどもありました。

ドラマのような激しさはありませんが、十分に恐怖心は煽られますし、続いてしまうと精神的にも疲弊しきってしまいます。

同居家族がいれば、かかる迷惑は倍増されて余計に追い詰められてしまいました。

返済猶予の延長もできますが、1年間しか効かないうえに、細々とした書類を書かなければなりません。

知人の話ではありますが、やはり同じく奨学金制度の返済に苦しめられ、仕事を掛け持ちした結果体を壊してしまったり、ニュースでは風俗業に準じてまで返済をしなければならなくなってしまったとも目にしました。

主婦の方で月末になるとお金が回らなくなるという方も多いと思います。専業主婦でも即日で借りれるカードローンなどありますので、気になる方は今すぐチェックしてみてください。